手術について

当院では、日帰り白内障手術、緑内障手術を行っております。
白内障手術はわずらわしい入院が必要なく、速やかに日常生活に戻れますし、入院にかかる費用負担もありません。
手術は原則的には点眼麻酔のみで行いますので、麻酔注射による痛みはありません。
手術は短時間で終了します。術中、術後とも痛みはほとんどありません。
手術後は、院内で休んでいただき、問題がなければ帰宅することができます。

緑内障手術は近年手術の適応や方法が改良され、手術方法によっては日帰りでも可能です。
白内障手術に追加で行える簡単なもの(MIGS)から、進行した緑内障に対して行う線維柱帯切開術や切除術なども、当院では患者様の通院可能状況を考慮したうえで行っております。入院を希望されている方も近隣のJR広島病院に入院して、柳が直接執刀する形をとっておりますので安心してご相談ください。

白内障手術の流れ

手術前検査

問題なく手術を行えるか次のような検査をします。

眼底検査(網膜の状態を調べる)

細隙灯顕微鏡検査(水晶体に濁りの状態を調べる)

角膜内皮細胞検査(角膜の内皮細胞が減っていないか調べる)

眼軸長検査(眼内レンズの度数を決める)

問診、血液検査

手術

1.黒目(角膜)か白目(強膜)の境目あたりに幅3mm弱の創を作成します

2.超音波装置を用いて、水晶体を砕き、吸引します

3.人工水晶体(眼内レンズ)を挿入します

4.もともとの水晶体の袋の中に、眼内レンズをおさめて手術を終了します

5.難症例を除き20分程度で終了します


※手術前後の生活に関しての説明をパンフレットをもとに行います。